学位論文一覧

2020年度

修士論文

  • 『マルチセンサデバイスを用いた生体情報の分析によるストレス推定手法の提案』(伊村 一成)
  • 『動画配信におけるフレームの特徴量に基づく映像の超解像処理手法の提案』(大石 貴之)

特別研究報告書

  • 『無線LAN環境における複数のモバイル端末を用いたライブ配信システムの提案』(小山 天)
  • 『医師のワークライフバランスを改善する勤務スケジュール作成手法の提案』(武田 碧生)
  • 『位置情報探索におけるSLAMを用いた屋内向けARナビゲーションシステムの提案』(常友 琉成)
  • 『連続メディアデータの配信周期を考慮した待ち時間短縮のための分割放送型配信手法の提案』(若狭 裕子)

2019年度

修士論文

  • 『畳み込みニューラルネットワークにおける Octave Convolution のパラメータ数削減手法の提案』(井上 勇)
  • 『放送通信融合環境における端末伝送型ストリーミング配信を用いた再生中断時間短縮手法』(高原 颯人)
  • 『CT ガイド下穿刺補助システムにおける位置情報推定手法の提案』(福間 健太)

特別研究報告書

  • 『医師のワークライフバランスを改善する勤務割当て手法の提案』(岩本 尚己)
  • 『動画データの動的更新を考慮した分割放送型配信手法の提案』(勝野 恵太)
  • 『動画データの配信周期を考慮した分割放送型配信手法の提案』(黒田 敬介)
  • 『再生中の動画品質を考慮した複数動画の分割放送型配信手法の提案』(西野 寛人)
  • 『CTガイド下穿刺補助システムにおける穿刺経路表示機能の提案』(増田 萌)

2018年度

修士論文

  • 『モバイル環境におけるマルチカメラを用いたライブ配信システム』(今雪 聡太)
  • 『配信スケジュールの動的更新を考慮した分割放送型配信システムの実現』(金本 俊平)
  • 『スーパーコンピュータとクラウドの連携による深層強化学習のための高性能計算環境に関する研究』(小谷 敏弘)
  • 『ネットワーク構造の分散表現を用いた埋め込みに基づく大規模マルチラベル分類』(廣中 雅大)
  • 『図書館の蔵書探索におけるSLAMを用いた屋内向けARナビゲーションシステム』(李 奇傑)

特別研究報告書

  • 『2度目の観光行動を支援するシステムの実現』(伊村 一成)
  • 『再生中の動画品質を変更可能な分割放送型配信システムの実現』(大石 貴之)
  • 『CTガイド下穿刺における穿刺経路選択手法の実現』(花田 真輝)
  • 『CTガイド下穿刺補助システムにおける穿刺情報表示機能の実現』(山下 万乃楓)

2017年度

修士論文

  • 『マルチセンサを用いた打撃フォームの分析による野球初心者の打撃技術支援システムの実現』(伊藤 大晃)
  • 『Random Erasing を用いた半教師あり学習に関する研究』(岡鼻 雄飛)

特別研究報告書

  • 『動画データの分割放送型配信における再生中断契機を考慮した待ち時間短縮手法』(井上 勇)
  • 『放送通信融合環境におけるユーザの視聴契機を考慮した再生中断短縮手法』(高原 颯人)
  • 『道路ネットワークの二色逆最近傍探索におけるオブジェクトの探索時間短縮手法』(福間 健太)
  • 『複数動画の分割放送型配信における再生時間を考慮したスケジューリング手法』(真鍋 廉)

2016年度

修士論文

  • 『分割放送型配信システムにおける最適化アルゴリズムを用いたスケジューリング手法の実現と評価』(井上 祐輔)
  • 『放送通信融合環境におけるデータ配信システムの実現と評価』(尾崎 健志)
  • 『選択型コンテンツの放送型配信における早送り再生を考慮したスケジューリング手法』(福井 大地)
  • 『選択型コンテンツの放送型配信システムにおけるスケジューリング手法の実装と評価』(藤田 拓郎)

特別研究報告書

  • 『クライアントの視聴情報に基づく分割放送型配信システムの実現』(金本 俊平)
  • 『放送通信融合環境における二次配信を考慮したデータ配信システム』(小谷 敏弘)
  • 『分割放送配信におけるネットワークシミュレータns3を用いた評価環境の構築』(櫻田 智哉)
  • 『kd-treeとボロノイ図を組み合わせた最近傍探索の高速化手法』(廣中 雅大)

2015年度

特別研究報告書

  • 『マルチセンサを用いたサッカー選手の動作分析に関する研究』(伊藤 大晃)
  • 『空間ネットワークにおける探索数を考慮した二色逆最近傍探索手法の提案』(大久保 千織)
  • 『選択型コンテンツの候補選択時間を考慮したオンデマンド型配信におけるスケジューリング手法』(太田 健)
  • 『最近傍探索におけるオブジェクト間の動的な位置関係を考慮した領域分割手法の提案』(岡鼻 雄飛)
  • 『無線LAN環境における分割放送型配信システムの実現と評価』(高木 悠希)

2014年度

特別研究報告書

  • 『複数動画を同期配信する分割放送型配信システムの実現と評価』(井上 祐輔)
  • 『放送通信融合環境におけるデータ配信システムの提案』(尾崎 健志)
  • 『オブジェクト間の位置関係を考慮した最近傍探索手法』(千葉 孟)
  • 『選択型コンテンツの再生速度を考慮した放送型配信におけるスケジューリング手法』(福井 大地)
  • 『選択型コンテンツの放送型配信システムの実現と評価』(藤田 拓郎)
* Gotoh Lab., Okayama University